面影糸

あの頃は何をしてたんだろう
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
2012日本GP
待ちに待ったF1Weekも終わってしまって、ちょっと気が抜けた感じ。
今年も10/4〜10/8まで、休みをもらってサーキットに入り浸ってましたw


今年は2コーナーの前にある可夢偉応援席で見てました。
目の前で色々アクシデントが起こったりしましたが、なんといっても可夢偉が日本で魅せてくれました!

つらつらと書いていたら、とっても長くなりました。
分割するのもあれなので・・・気が向いたら見てみてください。

まずはF1Week初日の様子から。
4日は運び込んだF1カーをピットに組み立てたり、ドライバーが日本にやってくる日です。
可夢偉の車もメカニックが一生懸命組み立ててました。


サーキットでは車が走らないものの、ピットと東コースを開放してくれてるので自由に歩けます。
もちろんピット内なんかには入れませんけどねw
という事で東コースウォーク。1コーナーからメインストレート。


めちゃくちゃいい天気で、気温も30度超えてました。もう10月なのに。
なによりこの人の量・・・正直、車走らないし4日から来る人もそうそういないと思ってたけどやっぱF1は半端ないですねw
途中でシューマッハが自転車でトレーニングしてたりして、数人のドライバーを間近でみられました。
そしてこの日、鈴鹿でシューマッハが二度目の引退を発表。こういうシューマッハの姿をみるのも、もう最後かもしれませんね。

あと、この日に来ると抽選会に参加できて、当たればドライバーサイン会に参加できます。
ドキドキしながら抽選番号発表を聞いてけど・・・まぁ当たりませんでしたね。
しょんぼりしながら帰宅。

5日はフリー走行。午前と午後に1.5hずつのセッティングやデータ確認のための一日です。
あとは、カメラマン席とV席以外は自由席になるので、いろいろな場所から車を見る事ができたりします。ちなみに金曜日だけ入れるチケットもあるので、最初の一歩にいいかもです。


ヘアピン。天気が良すぎて反射が激しく、ちょっとマシンが暗いですが・・・
ベッテルのマシンのリアウィングのところに黄色い塗料があるのが分かるかな?
こういうのを塗って空力の確認をしたり、マクラーレンなんかはリアになんか装置を取り付けて走ったりしてました。
こういう普段のレースでは見られないものを見られたりするのも面白い所です。


そしてS字。
ポイントリーダーのアロンソとラリーから復帰したライコネン。
去年のルノーからだけど、ロータスのマシンのカラーリングがカッコ良すぎます。
ライコネンはポイントランキング3位。優勝は無いものの、着実にポイントを取ってきてるところはさすがです。
復帰1年目でワールドチャンピオン奪還なんて可能性もまだありますね。

可夢偉はというと、車の調子がどうもあまりよろしくないみたい。
前夜祭でのインタビューを聞いたところ、あまりの車の遅さに気持ち悪くなって、この日は夜サラダしか食べれなかったとか。
朝、1.5kg体重が落ちたって言ってたくらいだから、相当ひどかったのかもしれません。

この日調子がよさそうだったのはコンストラクターズ2位のマクラーレン。
一方コンストラクターズ1位のレッドブルはめっちゃ調子悪そうな感じでした。

6日。午前中に1hの最終確認のフリー走行があり、午後に予選がやってきます。
ちなみに鈴鹿のタイヤはソフトとハード。
タイヤの違いによるラップタイムの差は大体1秒くらいでした。

Q1。20分で18位〜24位のグリッドが決定します。
17位以上になれば、生き残った17台で、次のQ2でもう一回タイムアタックを行う感じ。
昨日調子悪かったレッドブルに何があったのかと思うほど、速い。
他のチームがソフトタイヤを使っている中、楽々ハードタイヤでQ1突破。
シューマッハがQ1敗退ギリギリでしたが、結局レッドブルの2台とシューマッハだけがハードで切り抜けてました。
ザウバーの車も見違えるように調子よさそう。一時は可夢偉がソフトでトップタイムでした。しっかりとファンを沸かせてくれますw
最終的に2位でQ1突破。

Q2。15分。ここでは上位10台に絞られます。
正直あまり憶えてませんw可夢偉は難なく5位につけてQ2突破。
この週末調子の良かったマッサは11位でQ2敗退。シューマッハも13位で敗退。
まぁ、ソフトでも相変わらずレッドブルは速い。

Q3。10分。ここで上位のグリッドが確定します。
数台のマシンが早めに出て中古のソフトで一応のタイムを出してましたが、やはり勝負はラスト2分。
基本的にコース上を車が走れば、ラバーが乗って路面コンディションが良くなるので、天候が安定していれば遅めにアタックしたほうが有利になります。
可夢偉もラスト2分くらいでコースに出てアタック開始。
が、このときスプーンカーブでライコネンがスピン。黄旗がでます。
可夢偉はライコネンの後ろでアタックしていたので、もうだめだ〜と思ってましたが、なんと4番手につける。


このとき、黄旗を無視してタイムを出してたのか?ともやもやしてましたが、KERSやDRSのスイッチを切って減速の意志を見せたという事で、4位が確定。
明日のスタートでは3位のバトンがギアボックス交換ペナルティで5グリッドダウンという事で、なんと3番手からのスタートが決定!予選から母国で魅せてくれました。
レッドブルの二台はフロントローを独占。
ベッテルは鈴鹿にF1が帰ってきてから4戦全戦でPP獲得というからすごい。

予選後には前夜祭もあって、色々なパフォーマンスや可夢偉のトーク、T-SQUAREのライブもあって夜まで楽しんできました。

7日。ついに決勝の日がやってきた。今年はいつに無く気温もファンも熱い!
2列目奇数列という絶好のポジションに可夢偉がいるからかなw
いつも上位グリッドにいる時に限ってスタート時のクラッチの調子や、ピット作業が悪いので、今回はほんとにドキドキものでした。
ドライバーズパレードも終わり、15時。グリーンシグナルでフォーメーションラップ。


応援席の旗が邪魔ではあるが、しょうがないw
俺も相当に振りまくったから人の事言えません。

24台がグリッドに戻り、シグナルが点灯。
1、2、3、4、5・・・ブラックアウト!
可夢偉は最高のスタート。クラッチさんの機嫌もよくウェバーをかわして2番手へ!
後方では接触や追突があって、1コーナーでアロンソがリアタイヤパンクでスピン。
2コーナーでグロージャンがウェバーに追突し、あおりでロズベルグが追突されてリタイア。
グロージャンにはモナコやベルギーで可夢偉が追突されてレースが終わってるだけにほんとに良かった。
もし、ウェバーを抜いていなかったと思うと・・・マジありえない。
この混乱を抜けてバトンが3番手へ。恐ろしいドライバーが後ろに来たものだ・・・。
去年の鈴鹿Winnerです。

その後セーフティーカーが入るものの、1周で終了。鈴鹿のマーシャルの作業が素晴らしい。
ベッテルは好スタート。若干遅れたものの、可夢偉も続いて順位の変動は無し。

最初に動いたのはバトン。14周目にピットイン。ソフトからハードへ。
まだタイヤも持ちそうな気もしたけど、アンダーカットをされないように可夢偉も反応して15周目にピットイン。バトンの前でコースイン。
が、このとき数秒の差でトロ・ロッソの後ろに戻る。
このトロ・ロッソのペースが上がらない。2周ほど付き合って、ヘアピンでオーバーテイクしたものの、5番手にいたマッサに先を越されて3番手に。フェラーリのピット戦略が光る。

1回目のピットが終了したところで順位の変動はあまり無くなり、ちょっと一息つける時間。
が、30周目くらいから可夢偉のペースがあがらない。
4番手のバトンにじりじり詰め寄られる。
タイヤがもう耐え切れなくなったのか、32周目に可夢偉が(多分)緊急ピットイン。
ピットクルーを撥ねるかという勢いでピットアウト。作業スピードも平均3.5秒といい感じ。
残り21周を残して最終スティントへ。頼むからタイヤ持ってくれ!

タイヤ交換後のレースペースは非常に良く、セクター1で全体ベストを連発。
36周目にバトンがピットインするものの、可夢偉の後ろにコースイン。3位をキープ。
この4周のタイヤの差がどうでるか・・・。

ラスト10周を残してバトンがペースを上げ始める。ピットアウトした頃は4秒くらいあった差がどんどん詰まってきて2秒をきるくらいに。
この頃はもう何とかタイヤ持ってくれ!早くレースが終わってくれ!と祈るような気持ちで見てましたした。
徐々に残り周数が少なくなる。
バトンも追い上げ、徐々に差は詰まるものの、1.2〜1.8秒位の差でなんとか逃げる可夢偉。
そしてラスト3周。ついにDRS圏内に入るかと思ったが、計時ポイントで1.01くらい。
何このギリギリ加減って感じw

ラスト2周。
Pit-FMの実況者はこれがファイナルラップと勘違いして放送を続けている。
バトンとの差がついに0.7秒。メインストレートでDRSが使われるものの、何とか3番手をキープ。

そしてファイナルラップ。
ベッテルは後に20秒位の差をつけてパーフェクトなレースで優勝。
鈴鹿4戦中3戦優勝というすごい結果に。
そして2位にマッサ。今シーズン初表彰台。というか表彰台が二年ぶりくらい。
気になる3位は・・・可夢偉が0.5秒差でバトンを振り切り、F1初表彰台を母国日本GPで決めてくれました!
ようやくというか、ついにやったぜ可夢偉!おめでとう!

ファンシートでも観客総立ち。グランドスタンドでは可夢偉コールでサーキット全体が揺れてましたね。


本当に最後まで興奮して、感動してまじ泣きそうになった。
今回の日本GPを見に行けて本当に良かったと思う。
観客のみんなも余韻に浸っていて、全然帰ろうとしてませんでしたw

V席じゃないので、あいにく表彰台は写真に取れませんでしたが、シャンパンファイトとかインタビューとかとても楽しそうだった。
なによりベッテルと一緒に表彰台に立ってて仲よさそうだったなぁ。

この後西コースが開放されて、暗くなるまでコースウォークしてました。金曜とあわせるとちょうど1周歩いた事になりますねw

8日。この日は可夢偉トークショーとサーキットビジョンで日本GPの様子をプレイバック上映がありました。
あと、先着5000人にポディウムを撮影したポストカードをプレゼントしてくれます。
ゲートオープンは9:30なので、早めの8:45くらいに行ったのにすんごい人の列。
やはり可夢偉が魅せてくれただけあって、人のあつまりも半端が無い。

ゲートオープンも15分はやまり、F1Week最後のサーキットへ足を踏み入れる。
なんとかポストカードももらって、わりといい位置でトークショーが聴けました。


この後サーキットビジョンで昨日のレースを見てました。
レース中に聴いてるラジオの実況とサーキットの実況は違うし、2コーナーのところだと場内実況が聞こえないので、どんな感じだったのか気になってました。
やっぱり何度みてもラスト10周の攻防は熱い。もう終わったレースなのに目が潤んできましたw

昨日現地でレースを見て、録画したCSの放送を見て、サーキットビジョンのレースを見て・・・同じGPを3回も見たのは初めてだなぁ。何度見てもいい。永久保存しようw

片付け作業中のピットやテントを見ていると、やっぱり物悲しくなりますね。
今年一番の祭りも終わり、明日から仕事・・・無事に復帰できるだろうかw

また来年見に行こう!今度はヘアピンあたりにしてみようかな〜。
| レース | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0)
4年ぶりのサバイバル

夏休みの締めは鈴鹿サーキットで。

週末は4年ぶりに復活した鈴鹿1000km耐久レースにいってきました。
1周約5.8kmなので173周・・・普段のGTレースの2倍から4倍の長さという国内最長レースイベントでした。

前日の予選でPPは、GT500の方が昨年チャンピオンのS Road REITO MOLA GT-R。
GT300の方はトップタイムをたたき出したtriple a Vantageが規約違反だったので、繰り上がりでなんとGT参戦2戦目のMugen CR-Zでした。

そんな中決勝レースの時間が刻々と迫り、グリッド順にドライバー紹介がされる。
BGMはSPのメインテーマでしたねw
12:30 SC先導で各車フォーメーションラップへ。
ホームストレートに戻ってきて1000km耐久レーススタート!


SuperGTはF1とかと違ってローリングスタートなので、ホームストレートに戻ってシグナルグリーンになった時に一斉にスタートって感じ。

1000kmの長丁場だというのに、第一スティントから色々な事が起こって大変でした。
まず、GT500はフリー走行ではかなりいい感じで仕上がっていたレクサス勢にバーストやらスピンの嵐でリタイアやら修理で脱落気味。Honda勢は週末元気が無く、グリッドの後方。
調子が良かったのは日産勢で、上位を独占してましたね。
日産ファンシートも一番盛り上がってました。


GT300の方はといえば、予選でトップタイムを出したtriple a Vantage。
規約違反で最後尾からのスタートとなったが、もう別次元の速さ。
次々とオーバーテイクしていって、15週目にはトップに躍り出るという・・・
ほんとに同じレギュレーションなのか?と思ってしまうほどでした。
ちなみにGT500は15台。GT300は25台走ってます。

それにしても今回のレースは本当にバーストが多かった。
特にホームストレートから1コーナー、S字あたりでバーストがあるのでほぼ1周スロー走行しなきゃいけないハメに。
一応タイヤテストは何回か行われてるけど、今年はテスト時にウェットが多く、ドライでもここまで熱い路面温度でのテストはできてなかったんだろうなぁ。
路面温度は最高で52度。・・・8耐の時は60度まで上がってたからそれよりはましだけど、熱すぎ。

一番ゾッとしたのがKEIHIN HSV-010のクラッシュ。
元気の無いHonda勢の中で唯一上位につけていた一台。中盤トップに躍り出たと思ったらホームストレートでバーストして順位を下げる。それでも上位を狙ってどんどん追い上げていき、終盤130Rで6番手に上がった瞬間・・・またもやバースト→スピン→大クラッシュ。幸い、ドライバーのブログ覗いたら異常は無く、首が痛いってくらいで済んだみたい。

本当に大事に至らなくて良かった。
鈴鹿の130Rといったら、超高速コーナーで有名ですが・・・そんな高速でのクラッシュだったのでマシンも前後ボロボロに。

遠目ですが、見てると泣けてきます。


全員怪我無くってわけには行きませんでしたが、結局レースを制したのは、トラブル無くマシンを安定して走らせられたチームでした。

いろんなハプニングがありましたが、6時間後の18:30分頃、S Road REITO MOLA GT-Rがポール・トゥ・ウィン。
GT300はtriple a Vantageがまさかの最後尾スタートからの優勝へ。
公式サイトにはテール・トゥ・ウィンって書いてありましたw

楽しい夏のイベントも終わってしまって物悲しくもありますが、また来年見に行きます!
F1も夏休みが終わり、来週から後半戦のスタート。
10月頭には鈴鹿にくるし、楽しみに待っていよう。.゚+:ヾ(*・ω・)シ.:゚+。
| レース | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0)
今シーズン初花火


恒例となったSuperGTのタイヤテスト。
今年は7/20・21で見てきました。

前日まで快晴とすさまじいほどの暑さだったのに、
雨は降るし、半そでだと寒いしって・・・どんだけ雨男がいるんだ(´д`;)

今回のテストでの目玉はなんと言ってもプリウスに続く二台目のハイブリッドGTカー。
ホンダのCR-Zが初披露されました。



相変わらずハイブリッドとは思えない爆音で走ってますが・・・
プリウスよりもスポーティタイプだし、期待してる!
次回から参戦するみたいですね〜。いきなり表彰台か?!



なんにしてもJAFGT勢が増えるのはうれしいですね〜。
次戦は今週末。第四戦の菅生。
予選だけならニコ動で見れるので皆さん是非!

そして今年は鈴鹿サーキット50thなので色々イベント目白押し。
来月8/19にある第五戦の鈴鹿は4年ぶりに1000kmレースが復活。

そんな事もあってテストの最終日は1000km復活花火がサーキットで打ち上げられました。
今回は音楽に合わせた綺麗な花火でしたね〜。
特にエキゾーストノートにあわせた花火は鈴鹿ならではって感じ。
ますます本戦が楽しみになってきた。.゚+:ヾ(*・ω・)シ.:゚+。

今週末は8耐も見に行くし、F1もあるし。うれしい忙しさだww

そして今年のイカフェラーリはこんな感じ。
今シーズンはあまり目立ってないが・・・頑張って頂戴。

| レース | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0)
白煙でみえねぇ!
久しぶりに鈴鹿サーキット行ってきました。
50周年イベントにいけなかったからな〜(つД`)・゚・。

土日はD1GPが開催してました。
前回までは逆バンク〜S字を逆走でやってたみたいだけど、今年は1〜2コーナーの順走。
まぁD1自体初めて見るので、SuperGT300のドライバーくらいしか知らなかったですが!

普通に走ってても、鈴鹿の1、2コーナーは難しいと思うんですが・・・そこをドリフトでいくってすさまじいですね。
さらにタイヤから出る白煙がすさまじい。こんなに出るものなのか!って感じ。


D1はまず単独で走る単走をそれぞれ二本走って、とりあえず単走の順位がつけられる。
土曜の予選はこの単走だけでした。土曜のメインは練習なのかw


織戸の単走。いつもはランボルギーニに乗ってるけど、これは新しい86ですね。

決勝は単走の順位をつけた後、二台で走る追走のトーナメント方式を先行と後追を交互に走って、優勝者が決まる感じ。
やっぱD1の見所はこの追走でしょうね。
どれだけ近くで並びながらドリフトしてくかが楽しみかな〜。

追走はこんな感じ。

正直なところ誰が勝ってもよく知らないんで、単純に楽しんでましたw
そんな中でよく知ってるドライバー同士の追走が。


GT300ではGSR初音ミク BMW Z4でチームメイトの谷口・片岡ペア。

ちなみに谷口も新しい86乗ってましたね。
やはり初代チャンプなだけあってここは谷口が勝利。その次で敗退しちゃってましたが。
もともとD1からGTにきたみたいですね。

決勝戦の前に3位決定戦があったけど、この3位決定戦が熱すぎて決勝戦が微妙でしたw
レースじゃなくてもこういうのも面白いな〜。
ただ、土日ともに日差しが強すぎてめっちゃ焼けてしまった・・・特に肩痛すぎ!

そしてF1ではモナコGPでしたね。
スタート直後、グロージャンがスピンしてクラッシュ。そのあおりを受けて可夢偉もリタイア(つД`)・゚・。
ぬぅ・・・次のカナダで10グリッドくらい降格ペナルティがあってもいいと思うんだ。

優勝はウェバー。モナコはここ三年RedBullが勝ってないか?
それにしても6戦目にして6人目のWinner。F1史上初らしい。
それだけマシンよりもタイヤの影響のほうが大きいのかなあ。
| レース | 21:40 | comments(2) | trackbacks(0)
FUJI GT 500km RACE
行ってきました。富士スピードウェイ。
GWは帰省してたので、東京から向かうことに。
初めての場所だったから渋滞とか怖かったけど、大分早く着いたおかげかすんなりと到着。

が、GWのど真ん中ってこともあってか観客数は8万人くらいいたみたい。
帰りの渋滞のことを考えないようにしていざレース観戦。
この日の天気は曇り。雨も降りそうな微妙な天気で、レース的には波乱の予感。

というわけでレースのレビューなど。興味ない人は折角だから写真だけでも見て行って!

SuperGTレースの前座のレース中はかなり晴れて、コースは完全なドライコンディション。

いよいよSuperGTレーススタートの時間が迫る・・・が、なんとここで雨がポツポツと。
全車スリックタイヤを履いてたため、いつものローリングスタートから急遽SCスタートに(つД`)・゚・。

雨は止む気配もなく、スリックじゃ走れないって事で一斉にピットイン。
そしてピット出口は大渋滞(((;'д')))

あ、ちなみに今回はホンダ応援シートで観戦してました。
目の前はRAYBRIGのPIT(・∀・)



前日の予選のグリッドなんてまったく関係なくなってしまった第二戦のスタート。
ここから500km(110周)のサバイバルレース。

雨はこの後30分ほどで止んで、コース上もだんだんとドライに。
ここでもまたスリックとの履き替えタイミングでピット戦略の見ごたえあり。

中盤は大分安定してレースが続いていた中、残り40周頃にメインストレート上で一台が
スピン→大クラッシュ!
SCが入り、仕切りなおし。その時1位を走っていたCALSONIC GT-Rと2位のRAYBRIG HSV-010が最後のピットイン。

さらに残り20周あたりでまた雨が落ち始め、残り7周となった時に1位のCALSONIC GT-Rがインターに履き替えるピットイン。
多分タイヤも大分ずるずるになってきてたんだろうな〜と予想。

雨もそんなに強くはならず、小康状態のままレースは続く。
ラスト4周となったところで2位のDENSO SC430がすさまじい追い上げでRAYBRIG HSV-010をオーバーテイク(つД`)・゚・。

WinnerはDENSO SC430。
RAYBRIG HSV-010は開幕戦に引き続き2位。
3位はMOTUL AUTECH GT-Rという結果に。
約三時間のレースお疲れ様でした!



レース終了直後、雨がザーっと降ってきて表彰式が終わる頃には綺麗な夕焼け空でした。
少しでも天気のタイミングが変わってたら、結果も全然違っていたんだろうなぁ。
開幕戦に引き続きの2位だったRAYBRIGはポイントランキングTOPに躍り出ました
。.゚+:ヾ(*・ω・)シ.:゚+。
このままチャンピオンまで突っ走れ〜。

レース終了後はコースウォークを楽しんできましたよ。
鈴鹿でも思うけど、見た目以上の坂道にびっくり。
そして100Rから望む富士山をパシャリ。



ぐるっとまわってメインスタンドに来た頃はもうほとんど人も帰ってましたね。
静かになったピットで休んでいるマシンを取って富士スピードウェイを後にしてきました。
来年もまた見に行きたいな〜。


| レース | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0)
麒麟の翼
見てきました。
やはり東野圭吾の作品は俺にとっては素晴らしいと思う。
麒麟の翼も分かりにくくなく、それでいて深いところがたまりません。
すべてが一貫しているというか、起点〜終点がひとつに落ち着く感じがしっくりくるんだよな〜。
今度1号線使って実家に帰ってみるかw

時生を読んで以来、東野圭吾にはまった。
時生はNHKのドラマでやってたけど、内容が大分違ってた。
まぁこれはこれでうまくまとまってるんだけど。

秘密、手紙、ゲームの名は誘拐も映像作品でてるみたいだし、今度借りてみてみるかな。
麒麟の翼はまだ映画でしか見てないけど、小説のほうも欲しくなるw
容疑者Xの献身も映画みたけど、やっぱ小説のほうが細かく書いてあるし。
ただ、ハードカバーってのがなぁ。文庫本で出ないだろうか・・・

それはそうと来週からF1が開幕ですよ!
ザウバーの調子がかなりいい感じにみえる。
スタートダッシュでいければもしかしたらの表彰台?!を期待してしまうw

三月末はSuperGTもヽ( ´ー`)ノ
今年もイカは430。ずっと458とどっちで出るか決めかねてたみたいだけど。
まぁ・・・白の458ってのもあまり見たくないし。
そしてスバルのBRZが楽しみ。

500クラスのほうはレイブリック頑張れ〜。
GT-Rは熱問題があるような噂だし、HSV有利かも?!
| リアル | 15:03 | comments(2) | trackbacks(0)
あと少し!
ようやく今年のF1シーズンも始まりました〜。
しかし今年の規約のおかげで、ほぼすべてのマシンのノーズに段差があるからちょっと外観が悪いのが残念(´・ω・)

今のところ発表されているマシンの中では唯一マクラーレンが違うアプローチで設計していて、やっぱ一番スマートでカッコいいな〜。



去年のシーズンでも後半レッドブルを猛追してたし、今年も期待。

ザウバーももしかすると新しくスポンサーが増えるかもだし、可夢偉にも頑張ってもらいたいな〜。表彰台に上って欲しいw

それにしても今年は地上波での放送がなくなってしまったから、早いとこ衛星中継見れるようにしないと・・・
Jsportsもついでに契約して、SuperGTも見られるようにしようかしらw
| リアル | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0)
東京モーターショー
久々の更新。
12/3から東京モーターショーが開催されましたね。
実家に戻る予定もあったので、This is 最高に 調度いい タイミングってことで行ってきました。

初日ってこともあり、人もたくさん。
モーターショーにくるのも、大学の時にみんなで行ったとき振りだなぁ。

最初は西館から。
86を見に・・・とおもったら、すさまじい人の量。
通勤時の満員列車よりも掻き分けるのが大変だった・・・
この時章男社長もここにいて、握手してたからかなぁ



写真も数枚取ったけど、ぶれてないのはこれくらい(つД`)・゚・。

続いてレクサスLFA



半端ないっすね。内部の構造も展示してあったり。
興奮冷めやらぬまま東館へ。

スバル版86のBRZ



青いのは人がいっぱいでうまくないので、白というか展示車でw
俺としてはFT-86よりBRZのほうが好みかなぁ。

さらに来年のSuperGT300クラス用のBRZも展示してあった!
めっちゃかっこよかった。来年が楽しみだヽ( ´ー`)ノ

そしてうろうろしてたらRAYBRICブースが!
HSV-010をパシャリ。次は優勝してくれ〜w




今回はやっぱりEVのコンセプトカーとかHEVの展示が多かったな。
BMWのEVには惚れたなぁ。ホンダのもかっこよかった。
LEAFのレーシングモデルも好きだなぁ。市販車とはかけ離れた形だったけどw
そういえば、前回行った時はコンセプトカーといえば燃料電池車ばっかりだったけど、今回はクラリティくらいしか見なかったような・・・
時代の流れを感じるなw


ついでに今年のレース観戦チケットを。
使ってるチケットホルダーもw



イカフェラーリはどうなることやら・・・
来年もまた鈴鹿を楽しむぞ〜。
| リアル | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0)
夏のダイナランド
岐阜にあるダイナランド。
冬はこの辺では日帰りスキーとかでよく行く(俺は行ったことないけど)ところだけど、夏はゆり園として営業しているようなので行ってきた。

途中、近くにある阿弥陀ヶ滝ってところで流しそうめんを食べたり。

ここの流しそうめんは、流し台が岩でできていて、なんとも風情のあるいいところ。
流しそうめんはやはり涼しくていい。
てか、そんなに量食べなかったけど、意外とお腹いっぱいになるものだ・・・

そして滝。

これがまたすごい滝だ。
落差100mとか書いてあったかな。日本の滝100選に入っているだけあって、かなり豪快。
落ちてきた水の飛沫がミストになって、とても涼しかった。マイナスイオンも大量。

満足したところでダイナランドゆり園。

一面ずらーっと咲きまくっているわけではないけど、色とりどりのゆりが綺麗だったな。
そんなに人も多くなかったし、いい風が吹いてて気持ちよかった。
今度は冬にも来てみたいもんだなー。

帰りに温泉はいったりして、関のしげ吉っていう、おいしいらしいうなぎや目指して行ったけど、店の前に「本日は完売しました」って看板が出てた・・・(つД`)・゚・。
土用の丑効果もあるだろうけど、たぶん毎日こんな感じなんだろうなぁ。

もっと早い時間に行かないと・・・。
リベンジを約束しつつ、とんかつ食って帰ってきた。
| リアル | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0)
SuperGTタイヤテスト
7/22金曜日。会社の有給強制消化日ということで休み。
サーキットでは21・22とSuperGTのタイヤテストをやってたので、ぷらっと見に行ってきた。

平日ということもあり、人も少なく、ピットまで入れるというおまけつき。
鈴鹿万歳w

GT300 ダンロップ458

・・・458かっこよすぎる。いつか乗れる日は来るだろうか。

GT500 RAYBRIG HSV

去年からNSXに変わってHSV-010になりましたが、これがまたかっこいい。
去年はウィダーがチャンピオンになったし。
フォルムもさることながら、エキゾーストノートも最高。伊沢さん応援してます!

GT500 近藤GTR

マッチのレーシングチーム。
R35ですね。最初モーターショーでみたときは残念だったけど、GT-Rはやはりかっこいい。
セパンでは三連覇ならなかったけど、勝ってもらいたい1台。

GT300 イカ娘フェラーリ


ピットにお邪魔してきましたw
イタ車の痛車ですが・・・イカ娘自体、SuperGTから知ったけど、見てみると意外と面白かった。
おもわず個人スポンサーになってしまったw山岸さんがんばって〜。

いや〜。たのしい一日だった。写真もどっさりw
SuperGTのレースはケーブルでしかないので、ハイライトしか見られないのが残念ですけどねー。

来月の本レースが楽しみだ〜。
そして来週は8耐。9月頭はフォーミュラ日本、10月頭に日本GP。
これから鈴鹿が熱くなる!
| リアル | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK